◆ワイズの英語イマージョン◆先生方による日替り担当制ブログ


by yspreschool2007

タグ:イマージョンスクール ( 2 ) タグの人気記事

8月3日(金)は、お楽しみフィールドトリップとして、いわき市にある「アクアマリンふくしま」へ出掛けました。

車中では、ジュリアン先生から出されるクイズに答えながら、7月に学習した Sea creatures の復習をしました。子どもたちは、みんな既習の語彙をよく覚えていて、star fish や jelly fish、shark や whale などの他、sea horse や stingray、sea urchin なども答えることができていました。

さて、いよいよ「アクアマリンふくしま」へ到着です。

d0114908_18384554.jpgこの水族館のすばらしいところはいろいろありますが、中でも、私たちが知っている身近な「水」がそこにあるということだと思います。

たとえば、川の上流から河口まで、沼や池や、磯辺など、私たちをとりまく「水」は、その場所によって様々に姿を変えて存在しています。そして、それらの「水」の中には、それぞれの「水」に適した生き物が生息しています。

この水族館では、そのような様々な「水」の環境を、そっくりそのまま人工的に再現することに成功しており、私たちは、それらの水の生き物たちが、自然界のままに過ごしている様子をつぶさに観察することができるのです。

d0114908_183932.jpgまた、水族館のメインである「潮目の大水槽」の中は、これといってめずらしい魚が泳いでいるわけではありません。見事なカタクチイワシの大群と、それを下から狙って泳ぐカツオやマグロです。大きなトドはいましたが、通常水族館で人気のペンギンやイルカのショーなどは、この水族館にはありません。しかし、世界で初めてサンマの水槽飼育に成功した水族館でもあります。

もちろん、熱帯や海の底に棲む生き物の展示もありますが、そこでも、それらの生き物が生息する「環境」への配慮はすばらしく、まさに巨大なビオトープの中を歩いているような感じです。

d0114908_18391713.jpgイルカのショーはないけれど、子どもたちは自分たちを取り巻く「水」について学び、十分に楽しむことができると思います。

ランチの最中、子どもたち一人ひとりに何が一番印象的だったかを尋ねました。

大水槽の底にじっとしていた巨大な stingray と、答えたのはS.F.くん。逆に大水槽のてっぺんをぷかぷか気持ちよさそうに泳いでいた sea turtle と答えたT.Y.くん。

A.T.ちゃんとM.H.ちゃんは、口をそろえて、熱帯の海の展示槽の中で、群れになって泳ぐ、ピンクのきれいな魚たち、と答えました。大きい魚が近づくと、隊列をさまざまに変形させながら上手に避けて泳ぎます。その様子をA.T.ちゃんは、「まるでパレードみたい」と表現したのが印象的でした。

一人だけ1年生から参加のR.S.ちゃんは、なかなか一つを選ぶことができませんでした。確かに、素敵なものがたくさんあって、どれか一つを選ぶのは難しいですね!

あっという間にお帰りの時間です。もっともっと遊んでいたい様子のみんなでしたが、仕方がありません。

午後4時、予定通り西ノ内校に到着。わずか一日でしたが、朝から夕方まで、ジュリアン先生と一緒に英語で過ごすことができたことは、子どもたちにとってよい経験でした。
[PR]
by yspreschool2007 | 2007-08-03 22:03 | イマージョンスクール
プリスクール(YPK)は福島と西ノ内でサマースクールを行うのに、YIS(ワイズイマージョンスクール)に夏のイベントが何もないのはつまらない!ということで、急遽企画がまとまりました。

8月1日(水)、2日(木)の2日間、企画・その1として、日本の伝統芸能の一つである「和紙」について学びました。

d0114908_10123036.jpg初日、子どもたちは朝9時に登校し、ジュリアン先生と一緒に「和紙(Japanese Paper)」について英語で学びました。

「和紙」の原料が、楮(kozo)や三椏(mitsumata)と呼ばれる植物であることを知りました。そして、その気の遠くなるような工程を学びました。一部の専門用語は、子どもたちにとって、日本語でも耳にするのが初めてでした。日本語と英語の両方で確認しました。

さて、予習はこのくらいにして、いよいよ実際に和紙作りを体験できる「二本松市和紙伝承館」へ出掛けました。

この日、上川崎和紙についていろいろ教えてくださったのは、和紙職人の佐藤さんです。御年73歳の佐藤さんは、15歳の時から和紙を作っていらっしゃるそうです。(なんと、職人歴58年!あと2年で還暦ですよ!)

佐藤さんは、子どもたちを前に、一つ一つ丁寧に、現物を見せながら説明してくださいました。上川崎和紙の原料は楮です。伝承館の裏は、一面の楮畑でした。

トロロアオイという植物が和紙作りに欠かせないことも知りました。何時間も何時間も煮詰めて、手作業で塵や汚れを取り除いて、ようやくいわゆる「和紙漉き」の工程に辿り着くのです。

お話のあと、いよいよ和紙を漉かせていただきました。子どもたちも(ジュリアン先生も)、真剣そのもの!佐藤さんのお話をしっかり聞きながら、上手に漉くことができていました。

和紙漉き体験のあと、実際に上川崎和紙を使って、「うちわ」作りに挑戦!専用の顔料を使って和紙を染めていくのですが、A.T.ちゃん、手を真っ青にしながら夢中で取り組んでいました。

その人それぞれの色の選び方、染液を染み込ませる時間や液を絞る力加減、などなどの理由で、同じものは二つとできないそうです。

d0114908_10124737.jpgそんなオリジナル「My うちわ」を完成させたところで、ハイ、チーズ!!

最後は、お弁当を食べて帰って参りました。M.H.ちゃんのお弁当の大きさに全員がびっくり。それを平らげちゃうM.H.ちゃんにもびっくり!

そして、帰りの車中でもお菓子をパクパク・・・。ジュリアン先生とジャンケンで遊びながら帰ってきました。

2日目は、いよいよ今回の和紙作りを英語でまとめていく作業に入りました。

昨日の作業や佐藤さんのお話を思い出しながら、和紙作りの工程を動詞一語で表現していきます。その後、1枚の画用紙に、文章と写真で、和紙についての調べ学習のまとめを制作しました。

ちょっと即席ではありますが、一つの立派な自由研究となったのではないかと思います。

本来プリスクールの卒園児を受け入れてあるべきワイズイマージョンスクールですが、現在在籍している子どもたちの中で、プリスクールで学んだ経験のあるお子さまはおりません。

ワイズで学び始めて丸2年を経過している子もいれば、つい最近学び始めた子もいます。小学生は意外と多忙で、毎日通える子はゼロ、多くて週3日です。

そんなYISの実情ですが、限られた時間・日数の中で、それぞれのお子さんが、それぞれのペースで学び、英語をコミュニケーションの「道具」として身に付けていってくれたらいいなと願っています。

d0114908_1013653.jpgさてさて、ランチタイムは、お楽しみクッキングです。ジュリアン先生のお国(メキシコ)料理、「タコス」を作りました。

メキシコでは、トルティーヤに肉や野菜を挟んだ料理を広く「タコス」と呼んでいるようです。

今日のタコスは、牛肉・フライドポテト・アボガド、そこに唐辛子のペースト(とてもいい香り!)で辛味を調節して、いただきました。

肝心要のトルティーヤですが、その主原料となるトウモロコシ粉(乾燥マサ)は、少なくとも郡山市では手に入れることが大変難しく貴重な粉です。ジュリアン先生はお国から送られてきた本物の「マサ」を持ってきて、子どもたちに見せてくださいました。

また、トルティエロという専用の道具を使って焼き、まさに本場の「タコス」を味わうことができました。

あっという間の2日間でした。

子どもたちは、短時間でしたが、「和紙」という日本の伝統芸能に触れ、学ぶことができました。今後もこのような学びと体験の機会を提供していけたらいいなと思います。
[PR]
by yspreschool2007 | 2007-08-02 18:13 | イマージョンスクール